IDCセントラル歯科学会

豪華講師陣による
若手歯科医師の学び舎開講

2018/ 7/15(日) 13:00開演 定員50名

2018/ 9/23(日) 13:00開演 定員50名

2018/11/11(日) 13:00開演 定員50名

(満席になり次第、キャンセル待ち予約となります。)

\ プレミアムセミナー /セミナーの申込みをする
\30秒でできる/申し込み

スタディーグループ
IDCとは?

歯科医師の学び舎の機会を広げ
歯科の価値を中部地方から高めるの合言葉に、中部地方の歯科医師の有志で結成されたスタディーグループです。

IT、中部地区発、歯科、臨床、価値向上

豪華講師陣による
若手歯科医師の学び舎開校

当セミナーは「若手歯科医師への学びの場を提供したい」という協賛企業の有志により開催されています。
新しいスキルを学びたいけど、費用が高いセミナーは行きづらい。
ハードルが高くて参加できない。
そのように、若手歯科医師の向上心を塞いでしまっては、歯科業界全体にとって大きなマイナスです。
私達は「価値ある情報をリーズナブルに提供する」を合言葉に
歯科業界に新しい教育の形を提示したいと考えております。

  • 1.著名な講師陣

    全国でも著名な講師から、基本を学べる

  • 2.仲間との出会い

    向学心の高い同世代の仲間との出会い

  • 3.無料で受講

    協賛企業のバックアップにより無料受講が可能

  • 4.中部地区優遇

    中部地区の勤務医・研修医・学部生が優先的に参加

前回のセミナーの様子

  • エンドマイクロセミナー

    「保険診療でマイクロスコープ マニアなGPが教える歯内療法の新しいカタチ」と題して、歯内療法の基礎知識、診断、難易度判別から根充処置、トラブルシューティングなど多くの事例を交えてご講演いただきました。

  • 矯正セミナー

    「矯正歯科認定医が教える 一般歯科医の矯正診断」と題して、不正咬合の予防、矯正歯科医の視点でみた食育、デジタル技術を応用したマウスピース、MTMの適応範囲など多くの事例を交えながらご講演いただきました。

  • CRセミナー

    「コンポジットレジンのエキスパートが教える 今更聞けない、1級・4級CR」と題して、CRの様々な症例への対応、歯の解剖学的・色調学的要件、前歯部CR修復に必要なシェードテイキングと材料学・技術的要件、前歯部・臼歯部の充填実習など、実習を交えながらご講演いただきました。

実際に昨年参加した経営者の声を
ごく一部ですがご紹介します。(2017年度会場アンケートより)

まだ経験の浅い自分も、明日から行っていける知識が多く、勉強になった

20代歯科医師

若手Dr向けでとても分かりやすく大変興味深かったので次回も期待します。

30代歯科医師

普段きくことのできない専門医の先生のお話・症例をきける貴重な機会になった

30代歯科医師

今年のセミナー

  • 【第一回】 7月15()

    岸川隆蔵先生 プロフィール 前歴
    • 東京医科歯科大学 卒業
    • 東京医科歯科大学 博士(歯学)
    • 東京医科歯科大学大学院
    • う蝕制御学分野 助教
    • 東京医科歯科大学大学院 非常勤講師
    • 日本銀行本店医務室 嘱託歯科医師
  • 【第二回】 9月23()

    筒井純也先生 プロフィール 前歴
    • 日本大学松戸歯学部 卒業
    • 日本歯学センター勤務
    • ニューヨーク大学歯学部在籍
    • フェスティバルタワー筒井歯科院長
    • シアトルスタディクラブ(SSC)
    • 日本支部立ち上げ
  • 【第三回】 11月11()

    佐久間利喜先生 プロフィール 前歴
    • 岩手医科大学歯学部卒
    • 新潟大学大学院卒(歯学博士)
    • 新潟大学口腔生理学講座 非常勤講師
    • 鶴見大学歯学部 歯内療法講座 非常勤講師
\ プレミアムセミナー /セミナーの申込みをする

セミナー内容

第1回
岸川隆蔵先生
MIとレジン審美修復 JTコンセプトに特化した歯科医院
~開業6年経ったらこうなった~
  • 正しいう蝕除去と接着操作
  • 増刊につながる私費レジン修復の日常臨床への取り入れ方
  • 接着の視点から見た休止レイヤリングテクニックの勘所
  • ホワイトニングのメンテナンスへの導入
第2回
筒井純也先生
インプラント治療におけるデジタルの活用
~インプラント治療の新しいカタチ~
  • デジタルデンティストリーの現在地
  • 院プラノの基礎知識・診断
  • インプラント治療のデジタルワークフロー
第3回
佐久間利喜先生
歯の保存で見える歯科の新しい未来
若手歯科医師達へ 臨床20年GPからの提言
  • 移植、再植はここまで出来る
  • エンド・インプラントロジーという考え
  • 外科的歯内療法の適応範囲の拡大
  • 歯内療法のUp to date
\ プレミアムセミナー /セミナーの申込みをする

「今から差をつける!若手ドクターはじめの一歩」セミナー

*各階の定員に達し、次第受付を締め切らせていただきます。

セミナー内容
7月15日(日) 岸川隆蔵先生MIとレジン審美修復
JTコンセプトに特化した歯科医院
~開業6年経ったらこうなった~
9月23日(日) 筒井 純也先生インプラント治療
におけるデジタルの活用
~インプラント治療の新しいカタチ~
11月11日(日) 佐久間利喜先生歯の保存で見える歯科の新しい未来
若手歯科医師達へ
臨床20年GPからの提言
参加人数 各50名
価格 特別価格 0円
(通常価格 30,000円)
タイムスケジュール
  • 13:00開会(12:30受付時間)
  • 13:00~13:10挨拶
  • 13:10~16:00講演
  • 16:00~16:30質疑応答
  • 16:30~17:00閉会・諸連絡
*時間は前後する場合がございます
アクセス
【会場】

イオンコンパス
名古屋笹島会議室RoomA(4f)

〒450-0003
愛知県名古屋市中区
名駅南1-23-17笹島ビル4F
名鉄「名古屋駅」より徒歩5分

理事一同の想い

現在の日本では、「歯科医師は子どものなりたい職業100位圏外」※13歳のハローワーク調べ
その一方で、アメリカでは「歯科医師は子どものなりたい職業1位」となっています。
この差が生じる要因は何か。
一つは歯科の「社会的価値」に対する認知度の差ではないでしょうか。

日本では歯医者は虫歯になってから通う場所という考え方が根強いです。
しかし、アメリカでは歯医者は予防のため、自己を高めるために通う場所となっています。

「定期的に歯のメンテナンスに通うことは当たり前」
「フロス・歯間ブラシを使って、日常的に歯を大切にすることは当たり前」
「白くて美しい歯はステータスであり、重要なコミュニケーションツール」
「口臭を予防することはエチケットとして常識」

また、アメリカでは歯が汚い人一流企業に就職できない。
ビジネスマンとして成功できないとすら言われています。
それだけ、歯科は大切な価値をもち、歯科医は子供たちの憧れとなっているわけです。
上記の内容は言ってしまえば、誰でも理解できる簡単なこと、当たり前のことです。
しかしながら、日本人の多くは実践できていません。
なぜか。

「知らない」からです。

仕事に憧れを持つこどもたち

歯科医師ならば知っています。
歯科の価値を知っていれば、認知していれば、「価値あるもの」を選ぶということを。

つまりここに、「アメリカ人と日本人の認識の差、意識の差」があると言えます。
日本人の多くは歯科の必要性を認知していません。
言い換えれば、「アメリカ人の多くは歯科の価値を正しく認知している」ということです。

意識や認識があれば個人個人で変えることができるはずです。

IDCのポリシー

  • より実践的で価値のある情報提供「臨床」×「情報共有」×「臨床」を重視し、実戦的で中身のある情報をなるべく多くの方へ
  • 低いコストで多くの人に提案「情報技術」を駆使し、価値ある知識をなるべく低いコストで多くの方へ。
  • 歯科界の活性化により憧れる歯科医師へ一人ひとりの歯科医師が魅力的になれば,子どもたちも憧れの「歯科医師」に

私たちは、日本でも歯科の価値を高める革新的な歯科医師、
若いやる気を持った歯科医師が集まった今までにない組織をつくりたい。
いつの日か日本でも「子どものなりたい職業1位は歯科医師」という夢を実現したいと考えております。

私たちの活動が、皆様の発展・ご活躍の一助となれば幸いです。

IDCセントラル臨床歯科学会
 理事一同

理事のご紹介

  • ハピネス歯科こども歯科 稲吉孝介

    ハピネス歯科こども歯科
    クリニック院長 稲吉孝介

  • 医療法人社団若林歯科 米崎広崇

    医療法人社団若林歯科
    理事長 米崎広崇

  • 医療法人参方善さくら会 黒瀬基尋

    医療法人参方善さくら会
    理事長 黒瀬基尋

続きを読む

申し込みフォーム

下記の項目を全て記入の上でボタンをクリックすると申し込み完了となります。

入力画面 入力画面
セミナー必須

お名前必須
電話番号必須
メール必須

IDCセミナーPDF

top